スポンサードリンク

身近な人の不幸は予測不可能なものです。それはあなたの妊娠中に突然起こることかもしれません。今回は妊娠中のお葬式についてです。

nbsp;

妊婦は参列してはいけない?

日本には昔から「妊婦はお葬式に参列してはいけない」という言い伝えがあります。そのため、妊娠中に葬儀の話が上ると行くべきかどうかと迷ってしまう妊婦さんが多いです。

結論から言えば、妊娠中でもお葬式に参列して問題ありません。ただし、つわりやお腹の張りなどで体調が優れない場合や、臨月でいつ産まれてもおかしくない状態の時は、まわりの人にも迷惑をかけてしまうので、参列は見合わせましょう。式へ行くことが出来るかどうか、自己判断が難しい場合は係りつけのお医者さんに相談してください。

さて、「妊婦はお葬式に参列してはいけない」という言葉の由縁ですが、これはお葬式にまつわる迷信から来ています。日本では大昔から、「妊娠中に葬儀に出席するとアザのある子どもが生まれる」「妊婦は火葬場に行くと不幸なことが起こる」などと言われてきました。

一見、デリカシーの無い迷信の様にも思えますが、実はこれらは妊婦さんの身体を守るための戒めなのです。昔は疫病で亡くなる人が多かったため、そんな危険な場所に妊婦を連れて行くべきではないと考えられていました。また、葬儀中の女性は何かと慌しいものですから、妊婦さんの心身に大きな負担をかけてしまう可能性もあります。これらの理由から、「妊婦はお葬式に参列してはいけない」という言い伝えが出来上がったのです。

迷信は迷信ですから、気にし過ぎる必要はありません。ただ、あなたが信じていなくても、まわりが信じているかもしれません。特にタブー視されている火葬場へ行く場合は、覚悟しておきましょう。

 

参列する場合の注意点と事前確認ポイント

妊娠中の参列は、自分の身体のことを最優先に考えましょう。

<服装>

お腹が目立たないうちは、締め付けの緩い普通の喪服を着ましょう。お腹が大きい妊婦さんは、喪服でなくても黒や紺などのシックな服装ならOKです。葬儀屋さんでマタニティ用の喪服をレンタルしてくれる場合もありますから、問い合わせてみるのも良いでしょう。

葬儀会場は夏でもエアコンが効いていて寒い場合が多いです。冷え対策は忘れずに。

また、転倒防止のため、ハイヒールなどの不安定な靴は避けましょう。

<鏡>

地方によっては、火葬場へ行く際に必要となる場合があります。昔から、鏡には強い魔力が宿っていると言われており、鏡をお腹に忍ばせておくことで悪い霊を跳ね返してくれると考えられているためです。

「子どもの頃からその地方の葬儀に参列しているけど、そんな話は聞いたことがない」という方は、気にしなくても大丈夫です。

<事前確認すべきこと>

・自分の体調

・葬儀のお手伝いが出来ないかもしれないが、問題はないか。

・体調が悪くなった時、休憩出来る場所はあるか。

・まわりよりも早めに帰宅することが出来るか。

 

参列を控える場合の弔意の表わし方

弔意の表わし方は妊娠の有無に関係なく同じです。

遺族は葬儀の準備で慌しいはずなので、電話でのお悔やみは避けましょう。不幸の知らせを聞いたらすぐに弔電を打って、お悔やみの気持ちを伝えてください。

「謹んで哀悼の意を表します。」

「ご逝去を悼み、心からご冥福をお祈りいたします。」

などで十分です。

 

スポンサードリンク