スポンサードリンク

実は、妊娠中や産後間もない頃に乳癌が発覚することは珍しいことではありません。その割合は、妊婦さん3000人中の1人と言われており、決して低い確率ではないのです。今回は妊娠中に乳癌が発覚した場合の対処について学びましょう。

 

妊娠中でも受けられる乳癌検診

乳癌検診は妊娠中でも受けることが出来ます。出来るだけ出産前と出産後に検診を受ける様にしましょう。

妊娠中・授乳中だからと言って癌の進行が通常よりも早くなるということはありません。しかし、この時期の乳房は敏感で、痛みを感じたり腫れたりすることが普通であるため、癌の発見が遅れてしまいがちなのです。

仮に、妊娠中に乳癌が発覚した場合でも、余程のことが無い限りは出産することが出来ます。「人工妊娠中絶によって、母体の生存の可能性が高まることはない」ということが立証されているため、通常は人工妊娠中絶が行われることはありません。

ですから、安心して検査を受けてくださいね。

 

妊娠中の乳癌治療

治療法は、癌のステージと妊娠週数によって決まります。

<手術>

妊婦さんの大半が選択する治療法です。癌が巣食っている乳房を手術によって切除します。

<放射線治療>

X線などの放射線を利用して、癌細胞を死滅させる治療法です。

放射線治療は胎児に悪影響を及ぼす危険性があるため、

・ステージI・ステージIIの妊婦さん→実施すべきでない。

・ステージIII・ステージIVの妊婦さん→妊娠3ヶ月目までは実施を控えるべき

とされています。

(参考:米国国立がん研究所(NCI)よる「包括的がん情報データベースPDQ® (Physician Data Query)」より)

<化学療法>

薬を使って癌細胞を死滅させる治療法です。癌の増殖を抑える効果があります。

化学療法は妊娠3ヶ月目までは実施すべきではないとされています。3ヶ月目以降は、薬が胎児に影響を及ぼす心配はありませんが、早産などの原因となる可能性があります。

(参考:米国国立がん研究所(NCI)よる「包括的がん情報データベースPDQ® (Physician Data Query)」より)

<ホルモン療法>

ホルモンの働きを妨害することで、癌の増殖を抑える治療法です。

妊娠中の女性に対するこの治療法の有効性については、まだよく分かっていません。

 

妊娠中や産後への影響

母体が乳癌だったとしても、胎児に悪影響を及ぼすことはありません。母親の癌細胞が胎児に遷ることはないので安心してください。

また、乳癌の母親が乳児におっぱいを与えたとしても、乳児に害は起こりません。

ただし、化学療法を受けている(抗がん剤を服用している)場合、産後のおっぱいは厳禁です。乳汁に抗がん剤の成分が高濃度で混入するため、乳児に飲ませるべきではありません。

 

スポンサードリンク