スポンサードリンク

何かと死亡事故を耳にする陣痛促進剤。お医者さんたちの間でも見解の分かれる薬ですが、いざという時に冷静な判断が出来る様、正しい知識を身に付けておきましょう。

 

陣痛促進剤とは

陣痛促進剤は、子宮の収縮を強めるための薬です。陣痛が想定以上に長引いた場合や、破水後に陣痛の始まる気配が無い場合、過期産(予定日を大幅に過ぎてからの出産)となってしまった場合などに使われます。

陣痛促進剤の使用はとても慎重に行われます。まずは管理入院のもと、様々な検査を行って陣痛促進剤が使えるかを判断します。薬を使う時は分娩監視装置を装着し、陣痛や胎児の心拍数を記録しながら投与量を調整します。この時、点滴薬を使うか錠剤を服用するか・薬の量を増減するかなどの判断は、お母さんの血圧や脈拍などによって決まります。

この様に、陣痛促進剤は厳戒態勢と呼べる様な状態で使用される薬です。そのため、お医者さんたちの間でもこの薬に対する考え方は千差万別です。「過期産よりも陣痛促進剤の方が危険だ」とする人もいれば、「きちんと管理していれば、陣痛促進剤で出産を促した方がずっと安全だ」とする人もいます。

日本産科婦人科学会では、陣痛促進剤の使用前に承諾書の記入を求める様呼びかけています。悪いお医者さんでなければあなたの許可無く陣痛促進剤が使われることはありませんから、お医者さんとよく話し合った上で考えを固めてくださいね。

 

陣痛促進剤によるメリットとリスク

陣痛促進剤は分娩の進行を早め、破水後の分娩リスクや母子の体力消耗を防ぐための薬です。

しかし、陣痛促進剤は薬ですから副作用があります。特に危険なものが過強陣痛です。過強陣痛は子宮破裂や産道裂傷、胎児の低酸素症を引き起こすことがあり、最悪死に至ります。

陣痛促進剤で副作用が起きることは本当に稀です。しかし、恐らくこの文章を読んでいる方は「インターネットで検索したら、陣痛促進剤の死亡例の記事がいっぱい出てきた!」という方が多いでしょう。

陣痛促進剤の過強陣痛で死に至るケースは、原因を詳しく調べてみるとその大半が不適切な薬の使用によるものです。薬を過剰に投与していたり、経過観察を怠っていた場合に死亡事故が起きています。

つまり、お医者さんが適切な使い方さえしていれば、これらの死亡事故は起こり得なかったはずなのです。

もしもの時に陣痛促進剤を使うか迷っている方は、陣痛促進剤による出産に慣れている病院を選びましょう。

 

なるべく促進剤を使わないお産にするために

陣痛促進剤による死亡事故が起きていることは事実ですし、出来ることなら全てを自然に任せてお産をしたいという方がほとんどだと思います。

陣痛が始まってからお産に至るまでにかかる時間は人それぞれです。初産なのに1時間後にお産となる人もいれば、3日後に産まれる人もいます。

陣痛がなかなか次の段階に進まない場合は、少し身体を動かしてみてください。病院によっては誰かの付き添いのもと、お散歩に出かけてみる様促してくれるところもあります。お散歩は、遠出はせずに近場を往復する様にしましょう。また、階段の上り下りが必要な場合は、しっかり手すりにつかまって転倒を防止してください。

 

スポンサードリンク