スポンサードリンク

会陰切開。言葉を聞いただけで痛そうですよね。今回のお話は、会陰切開の正しい知識と、切開しなくても済む会陰作りについてです。

 

会陰切開とは

出産時、赤ちゃんはお母さんの会陰(月経の出口と肛門の間にある穴)を伸ばす様にして出てきます。しかし、会陰の伸びが悪い場合、肛門や直腸が裂傷を起こしてしまうことがあります。その様な事態を避けるため、分娩時に会陰をハサミで切る処置が行われます。これを「会陰切開」と呼びます。会陰切開は切る方向によって「正中切開」「正中側切開」「側切開」の3種類があります。

会陰切開することは特殊なことではありません。会陰切開を行うかはお医者さんの方針にもよりますが、初産の人はほとんどが受けています。2人目以降の人では約半数が会陰切開を行っています。

また、切開時に麻酔を使うかどうかも病院によって異なります。「麻酔もなしに切ったら痛いに決まってる」と思う方が多いのですが、切開の痛みは陣痛の痛みによってかき消されます。そのため、「切開の痛みは気にならなかった」というお母さんが大半です。

 

会陰切開の傷

会陰切開後は、絹糸、カットグッド(動物の腸から作られた吸収糸)、人工合成の吸収糸などによって縫合されます。絹糸の場合は数日後に抜糸が必要ですが、吸収糸の場合は約1週間~1ヶ月で身体に吸収されます。

「縫うほど切るのか…」と怖くなってしまう方も多いかもしれません。しかし、会陰切開で出来た傷跡は人工の綺麗な傷跡ですから、回復が驚くほど早いのです。術後3日間は痛みが残るかもしれませんが、退院する頃には歩ける様になっているはずです。

一方、切開しなかったがために出来てしまった自然な裂傷は、傷跡がギザギザで処置が難しいだけでなく回復も遅いです。

自分の身体を他人に切られるのは怖いかもしれませんが、後のことを考えれば、会陰切開を選んだ方が良いのかもしれません。

 

妊娠中の会陰マッサージのやり方

会陰切開の必要性について書いてきましたが、それでもやはり出来るだけ切開は避けたいですよね。そこで、妊娠中から会陰をほぐして、切開の必要が無い会陰作りを心がけておきましょう。

会陰はマッサージによってほぐすことが出来ます。潤滑油として会陰にオイルをたっぷりと塗りましょう。オイルを使うことで、会陰が柔らかく伸びやすくなります。そして、親指を膣の中に入れて会陰をほぐしていきます。

この時に注意して頂きたいのが、手の衛生管理に気を付けておくことです。よく手を洗っていたとしても、爪が伸びていたりネイルが付いている状態では清潔な手であるとは言えません。爪をいじることが出来ない場合は、指に清潔なガーゼやコットンを巻いてからマッサージする様にしましょう。

マッサージは週2日~3日から初めてください。臨月に入ったら毎日行いましょう。マッサージ時間は2分~3分で十分です。

 

スポンサードリンク