スポンサードリンク

待ちに待った妊娠発覚!仲の良いお友達と喜びを分かち合いたいですよね。でも、ちょっと待ってください。お友達にも彼女たちが抱えている事情があります。報告の仕方を間違えると、思わぬトラブルを招くことも・・・?

 

友人への妊娠報告、いつ・どの範囲に伝えるべき?

一口に「友人」と言っても、それぞれ付き合いの度合いは違いますよね。週1回は会っている友人から、年賀状のやり取りくらいしかしていない友人まで様々です。友人にランクを付けるわけではありませんが、それぞれの付き合いの深さに応じて、報告の仕方を変えた方が無難です。

普段から頻繁に会って遊ぶ様な友人には、妊娠3ヶ月が過ぎた頃、直接会った時に報告しましょう。

あまり会わないけど、それなりに親しい友人には安定期に入ってから。年賀状程度のお付き合いの相手なら、妊娠報告ではなく出産報告で良いでしょう。さらに疎遠な友人に対しては、次回会う機会があった時に出産報告をしましょう。

実際、先輩ママさん達も似た様な時期に妊娠報告しています。

友人によっては、「ここまで黙ってたなんて酷い」「水臭い」と言う人もいるかもしれません。そんな時は「お医者さんから流産の危険性が高いと言われていたから不安だった。何かあったらと思うと、なかなか言い出せなかった」と伝えましょう。実際に出産するまで不安だったという気持ちを伝えれば、きっと友人も分かってくれます。

 

こんな友人への伝え方

<先輩ママの友人>

最も連絡しやすい相手ですよね。妊娠の喜びを素直に伝えてください。

また、今後は子どもを交えてのお付き合いになるかもしれませんから、一言「よろしくね」と付け加えておくと良いでしょう。

<既婚で子供がいない友人>

今現在、友人が妊娠を望んでいないと分かっている場合は、<独身の友人>と同じ対応で大丈夫です。妊活中の場合は、<妊活中の友人>と同じ様に伝えてください。

<妊活中の友人>

「こんなにすぐ出来るとは思わなかった」「赤ちゃんが私たちを選んでくれて嬉しい」など、あなたが悪気無く発した一言が友人を傷つけます。報告はシンプルに、事実のみをさらっと伝えましょう。

<独身の友人>

特に結婚を望んでいない人や、恋人との仲が上手くいっている人であれば、あまり気を遣う必要はありません。話の中でさりげなく報告してください。

全力で婚活中の人や、恋人と破局寸前の人に対しては、報告を先延ばしにしても良いでしょう。

 

一斉報告は避けよう

ここまで何度も書いてきた様に、友人達にはそれぞれ「事情」があります。いくら仲が良かったとしても、全ての友人があなたの妊娠を心から喜んでくれるとは限りません。

ですから、そんな「事情」を一切無視した一斉報告は出来るだけ避けた方が良いです。先輩ママさんの中にも、「独身時代、自分が一斉報告をされて嫌な思いをした」と言っている人がたくさんいます。

親しい仲にも礼儀あり、です。自分の気持ちばかりを優先して、大切な友人を失わない様に気を付けてくださいね。

 

スポンサードリンク