スポンサードリンク

妊娠している方。最近、足のツリや肩こり、腰痛、手足のむくみを感じていませんか?それはもしかしたら冷え性の症状かもしれません。

 

妊娠すると冷え性になりやすい?

女性に付きものの冷え性は、特に妊婦さんに多く見られます。

そもそも冷え性は、血行不良と熱の生産不足によって起こります。運動不足や筋肉量の低下、冷たい食べ物の摂取は、季節に関係なく冷え性の原因となるのです。

女性は妊娠すると慎重になる方が多いですから、妊娠前よりも運動量がかなり減ってしまいます。特につわりの酷い人は運動不足に陥りやすく、血流の悪化を招き、それが冷えの原因となってしまうのです。

お腹が大きくなるにつれて、血管が圧迫されることも血行不良・冷えの原因の1つです。

 

妊娠中の冷えが母子にもたらす影響

冷え性は病気ではありませんが、放置していると妊婦さん・赤ちゃんの両方に悪影響を及ぼす恐れがあります。

<逆子のリスクが上がる>

胎内の赤ちゃんも冷たいのは嫌いです。お母さんの身体の冷えによって子宮が冷えてしまうと、赤ちゃんは温かい場所を求めてゴソゴソと動き回ります。そのため、逆子になってしまうリスクが上がるのです。

<低体重児、早産、常位胎盤早期剥離のリスクが上がる>

お母さんの血行が悪いと、赤ちゃんは十分に栄養を摂ることが出来ません。そのため、低体重児や早産、流産となる危険性があります。また、常位胎盤早期剥離(出産前に胎盤が剥がれてしまうこと)などのトラブルの原因にもなります。

<妊娠性高血圧症候群になりやすい>

血圧が上昇傾向になるため、妊娠性高血圧症候群になりやすいです。

<分娩が困難になる、産後の状態が悪くなる>

子宮のまわりの筋肉が冷えることで微弱陣痛が起こりやすくなり、分娩も長引きます。

産後の体力回復に時間がかかり、母乳の分泌も悪くなります。

 

冷え性を改善するためにできること

妊婦さんの冷えは百害あって一利無しです。「もしかしたら冷え性かも?」という方は、今から冷え性対策をしていきましょう。ここでは、妊娠中でも取り組みやすい対策法をご紹介します。

<食事で気を付けること>

身体を温める食べ物を摂取しましょう。根菜類や発酵食品、豚肉などを加熱して食べるのがおすすめです。

反対に、夏野菜や冷たい食べ物は身体を冷やしてしまうので、程ほどにしておきましょう。

<生活面>

冷えは足から来ます。部屋に一人でいる時でも靴下を履いて足先の冷えを防止しましょう。

クーラーの効いた部屋で過ごす場合は、カーディガンなどを1枚羽織ってください。生地は薄手のもので構いません。

お風呂はシャワーだけでなく、湯船にしっかり浸かり、身体の芯から温めましょう。

 

スポンサードリンク