スポンサードリンク

赤ちゃんが取り出される場所によって、「経膣分娩」と「帝王切開」の2種類に大別されるお産。それぞれの分娩方法には状況や場所、呼吸法などによって細かく違いがあるのをご存知ですか?いろいろな分娩法について事前に知識を持っておき、自分が望む分娩法を見つけたいですね。

 

目次

経腟分娩と帝王切開

そのほかの分娩の種類

LDRってどんな意味?

 

経腟分娩と帝王切開

経腟分娩とはいわゆる普通分娩とよばれるお産。姿勢方法によって、座位分娩・フリースタイル分娩・水中分娩があり、呼吸法によって、ラマーズ法・ソフロロジーなどの種類があります。

 

座位分娩:ベッドではなく、特別な椅子に座った状態で行う分娩法です。

フリースタイル分娩:「アクティブバース」とも呼ばれ、分娩台を使わずに、無理のない好きな姿勢で行うことのできる分娩法です。

水中分娩;体温と同じくらいのプールの中で出産を行う分娩法です。

ラマーズ法:よく聞く「ヒッ、ヒッ、フー」の呼吸法を使うお産です。出産時の体と心の緊張を解くことを目指します。

ソフロロジー:「出産は赤ちゃんとの共同作業である」という考えを基に、陣痛や出産の恐怖を乗り越える分娩法です。

 

帝王切開には最初から予定された「選択(予定)帝王切開」と緊急処置が必要な「緊急帝王切開」があります。

 

 

その他の分娩の種類

先にあげた外科処置が必要な「帝王切開」と不要な「経腟分娩」のほかにも、出産時にとった方法によって以下のような分娩方法があります。

 

自然分娩:医療的な介入を行わず自然の流れに任せて行う出産方法

計画分娩:体調などの事情により医師の判断で事前に予定日を決めて分娩を行う出産方法

無痛分娩:麻酔を使うことで出産時の痛みを和らげる出産方法。部分的に麻酔がかかる局所麻酔と、全身に麻酔がかかる全身麻酔があります。

誘発分娩:陣痛促進剤を使って人工的に陣痛を起こし、計画的に出産を行う出産方法

吸引分娩:お産のときの赤ちゃんの取り出し方のひとつ。シリコンや金属でできたカップを赤ちゃんの頭にくっつけて、体全体を引っぱり出す出産方法

鉗子分娩:大きなスプーンのような形をした鉗子で赤ちゃんの頭を挟み、赤ちゃんを引き出す出産方法

 

LDRってどんな意味?

「陣痛分娩室Labor Delivery Recovery」の略。陣痛時から分娩・回復までを同じ場所で過ごし,自宅分娩や自然分娩に近い出産を目指すというのが始まり。簡単に言うと病室がそのまま分娩室に変わるというもの。通常病院では、産婦さんはお産の進み具合に応じて、(陣痛室)→「分娩室」→「病室」(回復室)と移動しますが、LDRは移動せずにすみますので、妊婦さんの身体にはとても優しいお産の方法のひとつです。

 

スポンサードリンク