スポンサードリンク

お腹の中にいる赤ちゃんの声代わりとなる胎動。一日でも早く胎動を感じたいと思っているママも多いはず。胎動とはいつから始まり、どの様な感覚なのでしょうか。

 

目次

・胎動はいつから始まる?

・パパにも胎動を感じてもらいたい!

・胎動を感じやすい人と感じにくい人の違い

 

胎動はいつから始まる?

妊婦さんが初めて胎動を感じる時期は妊娠16週~23週頃です。「そんなに範囲が広いと参考にならない!」と怒られてしまいそうですが、胎動を感じる時期にはかなりの個人差があります。胎動の強さも人によるため、後から「あれって胎動だったんだ」と気が付く人も少なくありません。

基本的には「妊娠23週までには胎動を感じるはずだ」と覚えておけば大丈夫です。もし、妊娠24週に入っても胎動を全く感じない場合は、妊婦健診の時などにお医者さんに相談してみてください。胎動が無かったとしても、超音波検査で赤ちゃんが元気であれば問題はありません。

初産のママの場合、胎動を胎動だと認識出来ない場合もあります。胎動といえば「お腹を内側から蹴られた」「叩かれた」という元気なものを想像しがちですが、最初からそこまで勢いよく動く子は少ないです。初期の胎動は、「ちょっとお腹がピクピク・グルグルしている様な・・・?」と感じる程度です。中には「お腹を壊した」と勘違いする人もいます。初期の胎動はそれくらい微妙なものなので、あまり気にし過ぎない様にしましょう。

 

パパにも胎動を感じてもらいたい!

実は、お腹の赤ちゃんは妊娠8週目頃から動き回っています。しかし、その頃はまだ身体が小さいため、ママは何も感じません。徐々に体が大きくなり、子宮壁に手足がつく様になる頃(妊娠16週目以降)から、ママにも赤ちゃんの動きが分かる様になります。

しかし、この段階ではまだパパに胎動を伝えることは出来ません。ママ以外の人がお腹を触って胎動を感じられる様になるまでには、かなりの時間がかかります。その期間は人によりますが、胎動が長くしっかりしてきた時がチャンスです。気長に待ちましょう。

もし、どうしても早く胎動を感じてもらいたい場合は、聴診器を使ってみてください。聴診器は安い物で問題ありません。胎動どころか赤ちゃんの心音まで聴こえてくるので、パパも感動することでしょう。

 

胎動を感じやすい人と感じにくい人の違い

胎動の感じやすさは、赤ちゃんの性格とママの体格によります。一般的には、体格の良いママや太り気味の人は胎動を感じにくいです。反対に、痩せていてお腹周りの皮下脂肪の少ない人は胎動を感じやすいとされています。

胎動の感じやすさに「初産だから」「経産婦だから」ということは関係ありません。しかし、初産の場合は胎動を胎動と認識しづらいため、どうしても気付くのが遅くなりがちです。「初産は胎動が遅い」と言われているのは、それが原因です。

 

スポンサードリンク